願船漆工房 GANSEN URUSHI STUDIO INTERNATIONAL

『日常・漆との対話』 願船漆工房のブログです。工房からのお知らせ、最新情報等をお届けします。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


願船定期セミナー無事終了しました!

Category: つぶやき  

世界漆文化会議 願船定期セミナー 2014 春 (第24回)
今回は55名もの方にご参加いただきました。

満開のしだれ桜を楽しみながら、
漆とは何かを考える・“瞬間のひらめき”
をテーマにセミナーを行いました。
2014セミナー1

青空のもと、印旛村ですくすく育っている漆の苗木も皆様に見ていただきました。
漆樹の育て方や掻き方などたくさんのご質問があり、皆様が漆に強く興味を抱かれていることを感じました。

日暮れの時刻にはかがり火を焚いて、『友恵しづねと白桃房』の加賀谷早苗さん、他三名による
舞踏の公演が行われました。
2014セミナ−2


懇談会では、ミャンマーの料理大盤をはじめとして、漆のお皿、漆のお箸、漆のスプーンで食事を楽しんでいただきました。
2014セミナー3


皆様お話が弾まれていて、楽しい時間を過ごされていたようでした。
前日に採ったばかりの筍の若筍煮は、「今年初筍です」と喜ばれている方が多くいらっしゃり、一番好評でした。


改めまして、ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
また次回もお楽しみに!

2014桜1

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術    ジャンル : 学問・文化・芸術


Comments

Leave a Comment

プロフィール

願船漆工房

Author:願船漆工房

漆芸家・大西長利
1933年山口県生まれ
東京芸術大学卒業
東京芸術大学名誉教授
世界漆文化会議 議長

国内外において個展・招待出品多数。現在、千葉県印旛村にある願船漆工房にて、若い漆芸家の育成と創作に専念。その他執筆や国内外各地での講演活動,アジアの漆文化圏の源流調査も手掛ける。

願船漆工房では、漆の未来の創造を主眼とし、無限の魅力を秘めた漆を根本から見つめ、日常使いのものから芸術作品まで幅広く制作しています。
詳しくは願船漆工房HPをご覧ください。
twitterはこちら

願船漆工房
GANSEN URUSHI STUDIO INTERNATIONAL
〒270-1615
千葉県印西市師戸 80
TEL/FAX: 0476-99-0739
E-MAIL: gansen@joy.ocn.ne.jp
URL http://www.urushi-gansen.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。