願船漆工房 GANSEN URUSHI STUDIO INTERNATIONAL

『日常・漆との対話』 願船漆工房のブログです。工房からのお知らせ、最新情報等をお届けします。

2016 漆葉染めに挑戦しよう!!

Category: 催し  
願船漆工房では約500漆樹を植えています。
毎年11月頃には輝く様に美しい紅葉をみせてくれます。
あたたかく柔らかな漆の魅力を、染め物で感じてみませんか?


日程 
12月  10日、11日、17日、18日
★上記日程より、一日お選びください。

時間  10時〜18時
参加費 5,000円 (お茶、お菓子付き)

(天候などにより染め物が乾かない場合は郵送致します。送料別)

ご用意頂くもの
染めたい布(絹、麻、綿) 生地、縫製品どちらでもOKです。
  大きめのもの(Tシャツ、ストール、ショールなど) 2点まで
 スカーフ など 4点まで ハンカチ 5枚まで
※使用後のものはお洗濯お願いします。
  汚れなどが残っていると、染めムラになります。
エプロン
炊事用ゴム手袋(厚めのもの、染め液が熱いため)
お弁当


★漆かぶれの心配はありませんので、ご安心下さい。
★寒い季節となりましたので、暖かくしてお越し下さい。

『お申し込み』
お名前、連絡先(メールか電話番号)と、上記の日程より第一希望、第二希望をご明記の上、
願船漆工房までメールか電話にてお申し込み下さい。

お申し込み/お問い合わせ
願船漆工房(担当 福多いずみ))
0476-99-0739
gansen@joy.ocn.ne.jp
http://www.urushi-gansen.com/

染色用の布や縫製品(スカーフ、コースター、ハンカチ等々)
はインターネット、染色専門店などでも買えますので、ご参考になさって下さい。
分からない事があればお気軽お問い合わせ下さい。

漆葉染め
素材や織りによって染め上がる色がちがいます。右から綿、麻、絹です。
ご参考になさってください。
EPSN0601.jpg  大西先生とご愛用の漆葉染めスカーフ


スポンサーサイト


プロフィール

願船漆工房

Author:願船漆工房

漆芸家・大西長利
1933年山口県生まれ
東京芸術大学卒業
東京芸術大学名誉教授
世界漆文化会議 議長

国内外において個展・招待出品多数。現在、千葉県印旛村にある願船漆工房にて、若い漆芸家の育成と創作に専念。その他執筆や国内外各地での講演活動,アジアの漆文化圏の源流調査も手掛ける。

願船漆工房では、漆の未来の創造を主眼とし、無限の魅力を秘めた漆を根本から見つめ、日常使いのものから芸術作品まで幅広く制作しています。
詳しくは願船漆工房HPをご覧ください。
twitterはこちら

願船漆工房
GANSEN URUSHI STUDIO INTERNATIONAL
〒270-1615
千葉県印西市師戸 80
TEL/FAX: 0476-99-0739
E-MAIL: gansen@joy.ocn.ne.jp
URL http://www.urushi-gansen.com

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター